SSL暗号化の適用など利便性が高いEVマルチドメイン証明書

昨今は、SSLが割り当てられたサーバ証明書の活用も珍しくなくなりました。

これからお伝えするEVマルチドメイン証明書は、安全性の高いSSL暗号化を適用させたいときに適しています。

同一ドメイン上の複数ホスト名や複数のドメイン名で実現できることでして、MicrosoftExchangeやMicrosoftLyncなどの利用にも向いています。

SSL暗号化をサーバ証明書で実現できるようになったのは斬新で、EVマルチドメイン証明書を取得したい方の理由になってそうですね。

証明書のサブジェクトの別名欄の活用により、1枚の証明書を最大25ホスト名で使えるのも注目ポイント。

1枚しか使わないのに、利用可能なホスト名の多さがユーザーを虜にする理由ではないでしょうか。

1枚で利用可能なサーバ台数に制限が無いため、多数のサーバ上で複数ドメイン名や複数ホスト名を管理しても対応できます。

EVマルチドメイン証明書の対応力は折り紙つきだ、と言える位の信頼性があるかもしれないですね。